寺下史郎とは|開発者であり革命家でもある

男性

目標数の達成

握手

企業にとって新人育成は大切な業務のひとつでもあります。新入社員は右も左もわからない状態ではありますが、会社にとって必要となる人材でもあります。新人教育をすることで得意分野を知ることができます。例えば、苦手な業務を任せ続けてしまうと、仕事の効率が落ちてしまいます。営業の仕事になると、契約数だったり、ノルマだったり、企業が掲げる目標数に届かないことがあります。目標を達成するには社員一人一人の得意分野を活かす環境を用意する必要があります。自分が得意とする業務を行うことによって、効率アップにもなりますし、楽しみながら社員も仕事をすることができるでしょう。そのため、新入社員にとって研修は必要なことなのです。

営業の仕事には情報が必要となります。取引先についての知識や、契約をするために必要なスキルなどを、研修で取得させることができるでしょう。知識や技術がないままいきなり仕事を任せてしまっては、取引先とトラブルになる恐れもありますし、新しい顧客を逃してしまうことにもなるでしょう。会社の売上が落ちてしまうことになりますし、責任を感じて社員が辞めてしまうケースもあります。
社員の研修は自社で行うところもあれば、外部に依頼をして行うこともできます。自社の場合はスケジュールが組みやすいメリットがありますし、外部の場合は違う視点から営業についてのノウハウを提案することができるでしょう。企業のスタイルに合わせた方法を選択しましょう。