寺下史郎とは|開発者であり革命家でもある

女の人

会社の未来が決まる

会社

トップを走る人物

日本にはいくつかの有数な企業がありますが、その中のひとつに寺下史郎が代表取締役社長を務める会社があります。会社には様々な役職が存在しますが、代表取締役社長は企業の今後の方向性を握る重要なポジションですし、重要な任務となっています。
投資には常にリスクが伴います。予想が外れることもありますし、損失を出してしまう可能性もあります。投資額が大きければ大きいほど、予想が外れた場合は、莫大な損失を抱えてしまうことにもなりかねません。そのため、投資家に向けて正しい情報を発信する働きがIRです。また、会社の経営を存続させるためには株主からの信頼を得ることが必要となりますが、SRがあることで信頼関係を築くことができるのです。

コンサルティングの重要性

コンサルティングにとって必要となる、IRとSRの重要性を提唱することで、寺下史郎がCEOを勤める会社を急成長させることができたのです。また、プロキシー・ソリシテーションの開発者でもあります。株主総会で発表された議案は、投票によって可決されるかどうかが決まります。投票方法のひとつに議決権行使があります。プロキシー・ソリシテーションは日本で初めて議決権行使を導入したシステムとなっており、委任状の回収業務なども合わせて行っています。そのため、寺下史郎は代表取締役社長という地位だけではなく、日本の企業にとって、明るい未来を照らすことのできる人物でもあるのです。

目標数の達成

握手

営業の仕事には数字がつきものです。毎月の契約数やノルマを達成する必要があります。新入社員を教育する必要がありますが、研修に参加することによって大切なスキルを身に付けることができます。

詳細を確認する

コミュニケーションを学ぶ

男性と女性

宿泊研修は泊まりで参加することができます。セミナーに比べると集中的に学ぶことができますし、実践に活かすこともできます。最近は研修専用の宿泊施設も普及しています。

詳細を確認する

効率が向上する

オフィス

福利厚生が充実していることで社員が働きやすい職場を作ることができますが、同時に企業にとっては経費の負担となることがあります。專門業者へ依頼することで代行してもらうことが可能です。

詳細を確認する