時代の変化とビジネスの変化

時代背景の変化とともに、ビジネスの形態も変化しています。

最近増加傾向にあるのは、輸入や代行をはじめ個人でできるビジネスです。
一昔前までは副業は禁止とされていて、副業をすると解雇される社則がある企業も存在しました。
物価の上昇や海外企業の日本進出、安価で雇える非正規社員を活用し業績をあげていく企業が増えるにあたり、売上を落とす企業も増えてきました。
正社員雇用による終身雇用制が当たり前とされていましたが、今ではそうでない企業も多くあります。
雇用形態も様々になり、正社員、契約社員、パート、アルバイト、委託社員等々実に様々です。自社で行うとコストがかかることは専門の代行業者に依頼することもあります。
企業も日々売上を立て会社を回していくのに必死で、会社を倒産させないために解雇をいいわたすことも多々あります。
最初のうちはアルバイト、パート、契約社員からはじまり、それだけではとどまらず、正社員の解雇を行う企業もあります。
そこで、副業を認める企業も年々増え、自分の生活は自分で守る、個人主義の時代に変化していきました。

インターネットが発達し、IT化、グローバル化、ボーダレス化が進み、個人でビジネスができる時代になってきました。
最近では、個人でできる代行や輸入ビジネスの人気が出てきております。
その仕組は単純で、インターネットを活用し、海外の商品を輸入します。その輸入した商品を、その価格より高値で販売し、利益を得るビジネスです。
仕入先もアジアや欧米諸国など実に様々です。中国からの輸入も人気です。輸入の代行を専門で扱う業者も存在します。

イチ押しリンク

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930